思いがけないゲストの激励訪問 @ふるやまよしはる事務所

過日10日の東京大空襲から74年、11日の東日本大震災から8年。父から聞いた祖母と逃げ惑った話、そしてあの大震災からの国難に「守る」を今一度考えようと動いた2011年夏の講演。

この2日は両日ともに、私の心に刻まれていることを深くもの思う日々でした。被災された全ての方にお見舞いを申し上げ、犠牲になられた全ての方々に心より哀悼の誠を捧げます。

駄文ながら一つの文を書くのに時間のかかる私ですから、特に心の深いところにあることを文にするのは中々苦労します。特に最近は奔走の日々につき、じっくり書けず…脳裏にどんどん溜まっています。

また少しずつ書こうと思います( ノД`)

さてそんな本日ですが、朝からお隣り豊川の砥鹿神社さんにて崇敬会の総会でした。正式参拝ののち総会、そして基調講演は日中問題に造詣深い河添 恵子 (Keiko Kawasoe)さん!

本日は日本とポーランドの永年の親交について興味深いお話を拝聴することが出来ました。なんといいますか、日本の先人の心持ちには本当に敬服の思いです。

お帰りは豊橋駅から新幹線とのことで、送迎の道中、急きょ私の事務所にお寄り頂くことに!(°д°)

思わぬ激励訪問となり、大感激でした♪♪

彼女とはもう8年ほどのご縁で、実に気さくゆえに実姉のように慕っている方です。テレビにラジオに講演にと、ますます大車輪のご活躍。本当に嬉しい思いです♪ 河添さん、ご多用中にも関わらずお越しくださって誠にありがとうございました!\(^o^)/

今年は叶いませんでしたが、来年以降、こんどは豊橋へ招聘のうえ、ご講演をお願い出来ればと思います。東三河の皆さま、ぜひ是非お楽しみに(^^♪

シェア歓迎です♪(^▽^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です