こころ繋がる友がいる @2019 稲沢市議会議員選挙

東名高速から名二環、はるばる来たぜ稲沢。いや久々に来ました。津島市へ単身赴任していた以来です。人生の先輩であり、また自民党政治塾で共に学んだ友が、この度の市議選に立候補しているのです。

事に臨んでは自らを顧みず国民を守る――

陸上自衛隊の最強部隊「第一空挺団」に所属し、有事に備え過酷な鍛錬の日々。防衛省を退官して政治の道を志したのは、より近くで人々の暮らしを守りたい。その志のほかありません。

29歳の初出馬をはじめ、二度の選挙で惜しくも落選。それから16年、ひたすらに稲沢市民の幸福を願い、勤めの傍らで必死に学んで来ました。積年の想いを胸に、このたび三度目の挑戦です。

稲沢市民の皆様、お願いです。ひたむきで実直で、郷里愛あふれる彼にチャンスをください。溝口まさひろに、どうか仕事をさせてください。

出陣式に伺いたかったのに多用にて投票三日前というタイミングと相成り。退社後ダッシュでシャワーを浴びて稲沢に着いたのは22時。24時までともに駅立ちをしてきました。

古山 よしはるさんの投稿 2019年9月20日金曜日

僕の選挙の際、いち早く駆けつけてくれたミゾさん。もう10年近くのご縁です。彼の念願成就を心から祈っています。

頑張れミゾさん!!\(`◽︎´)/

シェア歓迎です♪(^▽^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です