秋晴れの下で汗をかく @豊橋陸軍墓地/第3回 合同清掃

先日の日曜日は実現から3年目の合同清掃でした!
どなたと合同かと言いますと、陸上自衛隊の現役&OBの方々との実施です。今年も天候に恵まれて大快晴♪ 飛び込み参加の一般の方なども含め総勢60名超の清掃奉仕と相成りました(ˊᗜˋ*)و

古山 よしはるさんの投稿 2019年10月8日火曜日

現役自衛官は今月19日の記念行事の準備で忙しい中にも拘わらず、豊川駐屯地トップの中村さん(司令 兼 第10特科連隊長)をはじめ、第6施設郡長、第49普通科連隊長、第10高射大隊長、そして若手の高級幹部の方々にご参加頂くことが出来ました♪

ゲストには国会議員のせき 健一郎さん、根本 幸典さんの秘書、久瀬 充洋さん、愛知県議の野中 泰志さんなどもご参加くださり、様々な交流がありました♪

OBの方には旧陸軍在籍であった方も(!) 氏曰く「同期は年々少なくなるが、こうして若い人々が記憶してくれていることは本当に嬉しい」そう仰っていました。

古山 よしはるさんの投稿 2019年10月8日火曜日

豊橋陸軍墓地は戦前、当時の陸軍省により明治18年に設立されました。戦後は財務省の所管となり、間もなく豊橋市へ「無償貸付」されて今に至ります。全国の「陸海軍墓地」も同様に地方行政へ「貸付」されており、いずれも行政主体で慰霊顕彰するなどされず、放置されているのが実態です。

先日、豊橋市議の長坂 なおとさん、そして彼の友人?の音喜多参議院議員が訪れてくださったそうです。音喜多さんは早々にブログで取り上げてみえ、維新の会所属ゆえか「自治体任せにせず、国立化すべし」としたご主張が。

「知っていますか、全国86箇所ある「旧軍用墓地」。自治体任せではなく、国立化による整備運営を」音喜多駿blog
https://otokitashun.com/blog/daily/21621/

予想外の出来事でした。しかし、実に嬉しく思います。ご主張、その通りです。

国が設立した、国のために殉じた方を慰霊する施設です。国がきちんと責任を持つべきで、願わくば国あるいは自治体主体で慰霊顕彰を行い、先人への感謝、そして歴史からの学びを実体で感じられる場として子々孫々、後世へと遺していくべきです。

さぁ来月からはまた第1日曜日の定例清掃です。自らの感謝の想いとともに、おひとりでも多くの方に触れて頂きたい、そんな思いをもって、また地道に続けていきたいと思います(´-`).。oO

シェア歓迎です♪(^▽^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です